読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ▲ 廃 色 地 帯 ▼ 

▶︎Haineのギタリスト◀︎

根①

f:id:okamotoyu1025:20170107051756j:plain

 

ご無沙汰しております。

悠です。

突然ですが。

俺は10歳の頃にギターを始めました。

そのキッカケってのは本当に明確にあるんだけど、

 

やんごとなき事情で今回は省略。

 

まー、

 

誰も興味は無いだろーけど、

そんな俺を構築するルーツとなったモノを、

 

これから気まぐれにここでこっそり紹介するよん。

 

今日は第一弾。

 

とにかくまずは、イタズラと魚釣りにしか興味がなかった小4〜5のクソガキを狂わせた一曲。

 


Deep Purple - Smoke on the Water

イントロのフレーズなんかは、ギタリストのみならず、音楽を志す者にとってある意味、恥ずかしいくらい(?)、《超スーパーウルトラスタンダード》なのだけど、それまでロックはおろかJ-POPもまともに聴いた事が無かった少年には、充分過ぎるくらいの衝撃だった。
学校から帰るやいなや、ランドセルをギターに背負い変えてラジカセの前に張り付いて繰り返し練習した。
それからだいぶ年月は経ったけど、聴けば聴くほどにこの曲の随所に散りばめられた、鳥肌が立つようなパワーに圧倒される。

 

次。

 


China Grove The Doobie Brothers.wmv

さっきの曲とほぼ同時に聴いた一曲。だけどさっきのジメジメ&陰鬱な雰囲気とは対照的に、カラッとした印象の陽気なイントロ。もう聴いて2秒で頭の中に広がる青空と太陽に、Chiba,Japanの半袖短パン少年もすっかりやられてしまった。

どちらも、自分が生まれるより、はるか前からある曲であって、
言ってしまえば「オッサン好み」レベルのモノだったワケだけれども、

音楽に関して完全に「無菌状態」だった俺には、

本当に刺激的で、背徳的で、魅力的に感じられた。

この二曲から、自分の人生は大きく変わった。


つづく、

たぶん。

 

 

タヌキオヤジ


f:id:okamotoyu1025:20161202042510j:image 

結局のところ、

 

自分には敵わない人間、

 

自分とは違う世界を持つ人間が、

 

自分の世界を侵してくるのが悔しいんだろう。

 

比較されて、そこで自分の価値がバレるのが怖いだけだろう。

 

「こんな安い人間なのか、こいつは。」 

 

自分だけが一番わかってる自分のレベル。

 

ひょっとしたら薄々気付かれてるかもしれない、

 

それを明確に暴かれるのが怖いんだろう。

 

卑屈になってはいけないと思うけど、

 

無理があるよな。

 

 

タイムマシン

f:id:okamotoyu1025:20161129024519j:image


あれもこれも、

どれもこれも、

自分にとっての、

 

初めて目の当たりにした

輝いて見えていた景色。

やっとこんな日々にたどり着いた。

やっと巡り会った。



その瞬間・瞬間。

何を想った?

そこに居た?

どこを見てた?

 


潰れそう。

 

でも、負けない。

 

f:id:okamotoyu1025:20161128195858j:image

 

自分のイマジネーションの働きっぷりを呪う。

 

目に見える全ての些細な事が、忌々しい何かに姿を変えて、

ポッカリと口を開けた真っ暗で底無しの穴の中に、ドロドロと流れていく感じ。

生気もろとも全部そいつに吸い上げられているみたいだ。

 

そんな吐き気のするような嫌なモノゴトで溢れた世界。

 

そんな事はなんとなく頭の中では知っていて、大抵の事は大丈夫だろうと自分で思っていても、

実際目前にしてしまうとそれは大きな誤りだった事に気がつく。

そしてその時にはもう遅い。

 

知り過ぎる事は良くないのか。

 

馬鹿が勝ちなのか。

 

無知こそ無敵なのか。

 

それでも、時は流れるし、前に向かって生きなきゃいけない。

どんなに苦しかったり足がすくむ様な状況でも。

 

楽しもう。きっと大丈夫。

 

 

漸近線

f:id:okamotoyu1025:20160917194630j:image

 

久しぶりの更新になってしまいましたがどうもこんにちは。

 

最近はライブやったり、

曲作ったり、

映像撮ったりと、割と色々やってます。

 

あと、うなされたり、金縛りかかったりもしてます。笑

 

結構楽しくやってます。

 

ギター練習しなきゃな

Word


f:id:okamotoyu1025:20160717093459j:image

とにかく、

何でもかんでも白か黒だけじゃないんだよ。


言葉遊びが好きだ。

…ん?これって考えように寄っちゃ…。

みたいな幅とか戸惑いを与えて揺るがせたい。

それもなるべくシンプルで、どんな馬鹿でも解るくらいのパーツだけで構築したモノで。

意外と、ひねくれた奴ほど素直に読み取っちゃったりするもんだ。

自分がそうなように。


極端な表現も好きだし必要性を感じればあざと過ぎるくらいにやるけど。


でも、少しくらい頭使って深読みしようぜ。笑